第109回目はASWADのSmokey Bluesをご紹介します。アスワドについては過去の記事をご覧ください。 さて今回ご紹介する楽曲はアスワドの名盤「Distant Thunder」に収録された一曲です。歌詞は好きな女の子をデートに誘ってパーティーに向かうストーリーなのですが聴きながら情 ...

第108回目はMe and YouのMoney Can't Buy Happinessをご紹介します。先週に引き続きミー・アンド・ユーをやります。ちなみに前回はこちら! さて今回ご紹介する楽曲は前回の同オケとなっており、こちらは彼らのオリジナル・ソングです。歌詞は「幸せはお金で買えないのさ」と ...

第107回目はMe and YouのThat's the Way Nature Planned Itをご紹介します。ミー・アンド・ユーについては過去に紹介しております。 ちなみに後期は3人組になったと思っていたのですがデビュー当時に在籍していたレーベル(DEB)の方針で2人組という体になっていただけで元々ミ ...

第106回目はリクエストにお応えしてAlton EllisのReggae Musicをご紹介します。アルトン・エリスの楽曲は過去にもご紹介しております。 さて今回ご紹介する楽曲は恋愛の歌詞ではありません。タイトル通りレゲエ・ミュージックについて歌われています。しかしただ単にレゲエ・ ...

第105回目はCool NotesのSweet Vibesをご紹介します。クール・ノーツについては過去の記事をご覧くださいませ。 今回ご紹介する楽曲はクール・ノーツの代表曲で歌詞は言葉にならないぐらいとにかく「スイートなヴァイブスだわ」といった内容でまったりした心地良いラヴァーズ ...

第104回目はLouisa MarkのKeep Away Girlをご紹介します。ルイーサ・マークについては過去の記事でご紹介しています。 さて今回ご紹介する楽曲はステファニー・ミルズの名曲カヴァーで歌詞の内容は「彼は全て私のものよ、貴女は近寄らないで」と女友達への嫉妬心や想いを歌っ ...

第103回目はリクエストにお答えしてFil Callender & Jah Stitch-Baby My Loveをご紹介します。フィル・カレンダーはジ・イン・クラウドのメンバーとして知られるシンガーで実は生まれ育ったのはジャマイカでは無くパナマ共和国だそうです。彼が高校生だった頃、パナマは共産 ...

第102回目はMatumbiのAfter Tonightをご紹介します。マトゥンビについては前回の記事をチェックしてみてください。 今回ご紹介する楽曲はマトゥンビの代表曲で歌詞の内容は「君なんだ僕が欲しいのは緊張しないで、今夜が終われば...」と女性に対して歌っているロマンス溢れる ...

第101回目はMatumbiのMan In meをご紹介します。マトゥンビは1970年代から1980年代前半までイギリスで活躍したレゲエ・バンドです。「メンバー」*Tex Dixon (Vocal) ※後に脱退。*Euton Jones (Drums) ※後に脱退。*Dennis Bovell (Guitar)*Errol Pottinger (Guitar) ※後に ...

記念すべき第100回目はLouisa MarkのCaught You In a Lieをご紹介します!ルイーサ・マークについてはこちらをチェックしてみてください。 こちらは言わずと知れた初めてのUKラヴァーズ・ロック作品として人々に語り継がれております。同曲のプロデューサー、ロイド・コクソ ...

↑このページのトップヘ