第86回目はリクエストにお答えしてCulture ClubのDo You Really Want To Hurt Meをご紹介します。カルチャー・クラブは1981年にロンドンで結成されたポップ・ミュージック・バンドです。-メンバー-*Boy George : ヴォーカル*Jon Moss : ドラム*Roy Hay : ギター*Mikey Craig ...

第85回目はSharon ForresterはRed Roseをご紹介します。シャロン・フォレスターはジャマイカ出身のラヴァーズ・ロック・シンガーです。彼女は10代の頃、モンテゴ・ベイのプレイボーイ・クラブで歌っていた事からプロとしてのキャリアをスタートさせました。1973年にジェフリ ...

第84回目はJ.C. LodgeのToo Good To Be Trueをご紹介します。J.C.・ロッジはイギリスのロンドン出身のレゲエ・シンガーで主にジャマイカで活躍しました。彼女はジャマイカ人の父親とイギリス人の母の間に生まれ、ロンドンで育ちます。3歳の頃に両親が離婚し、10歳まで父親と ...

第83回目はMaxi PriestのShould I (Put My Trust In You)をご紹介します。マキシ・プリーストはイギリスを代表するシンガーでレゲエを軸としながらもジャンルにとらわれない幅広いスタイルで世界的に活動をする人物であります。ちなみに今も現役で活躍してますね。彼は1962年 ...

第82回目はBlack HarmonyのL Is For Loveをご紹介します。ブラック・ハーモニーは1978年に結成された女性シンガー3人組によるラヴァーズ・ロック・グループです。イギリスのレゲエ・チャートに名を連ねた楽曲を多数リリースしていますが、前回のナチュラル・ミスティックに引 ...

第81回目はNatural MysticのCan't Feel The Painをご紹介します。ナチュラル・ミスティックはUKレゲエの名バンドとして知られておりラヴァーズ・ロックやルーツ・ロックを中心に演奏しイギリスで活躍しておりました。ヒット曲も多く、ラヴァーズ・ロック・ファンの間では良く ...

第80回目はSister Love-It's Overです。シスター・ラブは女の子3人組によるUKラヴァーズ・ロックの名グループです。「メンバー」*Marcia Henry ※初期にソロへ転身し脱退。*Carol Williams *Sandra Williams *Sandra Sampson  ※ヘンリーが脱退後に加入。 このグループは ...

第79回目はmovement.98 feat Carroll ThompsonのSunrise(Satori Mix)をご紹介します。movement.98とはポール・オーケンフォールドによる「Circa Records」下でのプロジェクトで、同氏とスティーブ・オズボーンが中核となってキャロル・トンプソンを起用しています。デビュー ...

第78回目はJason MrazのLook For The Goodをご紹介します。 ジェイソン・ムラーズはアメリカのバージニア州出身のシンガー・ソングライターです。彼は2010年のグラミー賞にて『Make It Man』で最優秀男性ポップ・ボーカル賞を、『Lucky』では最優秀ポップ・コラボレーション ...

第77回目はChristopher EllisのFlame Against The Windをご紹介します。クリストファー・エリスはアルトン・エリスの息子として有名なシンガーですね。彼はロンドンで生まれ育ち、11歳の頃からアルトンのショーで歌っていたそうです。元々はただ音楽が好きでプロという意識は ...

↑このページのトップヘ